四十肩・五十肩 | 腕のしびれを超簡単ストレッチで治す方法



右腕のしびれと左腕のしびれ、腕がしびれる原因は、肩こり、頚椎椎間板ヘルニアや狭窄症、ストレートネックや猫背からでも出てきます。



四十肩・五十肩

四十肩・五十肩の場合は、

ほとんどの方が、肩の痛みを訴えますが時には腕まで痛みが出てきます。

四十肩・五十肩のケース

肩や肩甲骨の筋肉と靭帯が硬くなることで、腕が上がらなくなります。

巷では、そのうち治るよと言う人もおります。

四十肩・五十肩の症状としては

  • 肩の痛み
  • 腕の痛み
  • 寝返りの時に痛くて目が覚める
  • 腕のだるさ
四十肩・五十肩は悪化すると、夜痛くて寝られなくなります。

五十肩の改善方法

よく知人から、五十肩はそのうち治るよ。自然と良くなるよなどと言われますが、確かに1年位すると楽になるケースもあります。

 

皆さんはそんなに長い間待てませんよね 五十肩の原因は、肩関節の筋肉が硬くなったり、骨が弱くなったりして起こると考えられております。

 

ちなみに五十肩の病名は、肩関節周囲炎と呼ばれていて肩の炎症なのです。
五十肩の痛みには、骨と筋肉を強くすることが必要となります

 

四十肩・五十肩の悩み


五十肩だからといっても、あきらめることはありません

ご自宅での体操で改善されている方が多くおります。


>>四十肩・五十肩痛み改善はコチラから

 
 
このグルコサミンは、五十肩の痛みの部分に直接塗るグルコサミンのついています
(キャンペーン中)

 


 

63歳男性 専業主夫 肩が重く、痛い。五十肩

私が長年勤めた会社を定年退職したのは、もう3年も前になります。 嘱託で働かないかという声もかけていただいたのですが、私としてはもう十分働いたという気持ちがあったので、丁重にお断りしました。 今は、朝から晩まで、時間に縛られずに過ごす毎日です。

しかし、だからといってぐうたらしているわけではないんですよ。 実は私、今はやりの「専業主夫」をやってるんです。

もちろん、妻も一緒に住んでいますが、今は妻のほうが私よりもはるかに忙しいんですよ。 妻は最近、ボランティアに目覚めて、朝から晩まで福祉施設などを走り回っています。 妻の所属している朗読サークルや合唱サークルが、福祉施設などでイベントを開いたりしているんです。

ですから妻は毎日、朝出ていったら夕方帰ってくるといった感じで、家にいない状態が続いているんです。 でも私は、そのことに対して不満なんて持っていませんよ。 むしろ、ボランティアに燃えている優しい妻のことを、誇りに思っています。 今まで私がやりたいようにやらせてもらった分、これからは妻のやりたいように生きていってほしいと考えています。

ただ、気持ちはそうなのですが、まったく慣れていない主夫生活。 今までは、掃除、洗濯、食事作り、庭の手入れ、犬の散歩、一切合財を妻に任せていました。 ですから、いざ私がやるとなると、本当に要領が悪くて・・・。 妻の何倍も時間がかかってしまうし、仕上がりもいまいちです。

でも妻は、笑って「ありがとう、助かるわ」と言ってくれるんですよね。 私が間違った家事のやり方をしていた時は、そっと直しておいてくれたりします。

そんな妻の優しさに感謝しながら、自分もなんとか妻に楽をさせてやりたいと頑張っているわけです。 でも、ちょっと張り切り過ぎたのか、とうとう体が悲鳴を上げ始めました。 もともと肩凝り持ちだったのですが、それが悪化してしまったのです。

まるで五十肩のように、肩の高さから上には持ち上がりません。 これでは、家事に支障をきたしてしまうので、今、非常に困っているんです。

このまま家事ができなくなってしまえば、忙しい妻の助けになるどころか、重荷になってしまいます。 なんとか治したい一心で、マッサージやら整体やら通っているのですが、一向に良くなる気配がありません・・・。 こんな肩の痛みはやはり、年のせいなのでしょうかね。

私は、自分はまだまだ若いと自負していただけに、今回の衝撃は大きいですね。 なんとか早く治して、また妻のために働きたいと思っています。