腱鞘炎 | 腕のしびれを超簡単ストレッチで治す方法



右腕のしびれと左腕のしびれ、腕がしびれる原因は、肩こり、頚椎椎間板ヘルニアや狭窄症、ストレートネックや猫背からでも出てきます。



腱鞘炎

腱鞘炎の場合は、
肘の痛みと手首の痛みそして、指の痛みが一般的な症状です。

腱鞘炎のケース

よく腱鞘炎は使いすぎと診断されますが、同じような仕事でも
痛くなる人、ならない人がいます。

腱鞘炎の症状としては

  • 肘の痛み
  • 手首の痛み
  • 料理を作っているときの痛み
  • ドアを開けるときの痛み
腱鞘炎は悪化すると、手術をすすめられます。

腱鞘炎の悩み


腱鞘炎だからといっても、あきらめることはありません
ご自宅での体操で改善されている方が多くおります。

手首の炎症改善
腱鞘炎を治したい方はこちらから
ご自宅で誰でも簡単に出来る改善方法があります。
>>腱鞘炎を自分で改善する方法はコチラから
 

腱鞘炎用サポーター

メディカルマグネッカーDX 手用 (夏冬オールシーズン対応)

医療用磁石と遠赤外線で温めて血行を改善する
手の磁気サポーター
寝ている間に痛みを改善する
4個の医療機器用の永久磁石の効果で、手の血行を促進して、つらい痛みを治療します。
手首・腱鞘炎の痛みを和らげる医療機器サポーター(手洗い可)
 価  格 4,500円(税抜)
 素  材 綿、アクリル、ポリウレタン、磁石
 認証番号 222AGBZX00103000
 製  造 日本製
 発  送 郵パック・ヤマト宅急便

腱鞘炎を治療する磁気治療サポーター


 

バイオメカサポーター(手首腱鞘炎用)
まったく新しいタイプのサポーター
手首の痛みと握力低下にも
手の動きを妨げることなく手首を安定します。
社会文化功労賞を受賞した愛知先生独自の「筋肉の連鎖理論」を応用。
手首・腱鞘炎の痛みを和らげる医療機器サポーター(手洗い可)
 価  格 3,200円(税抜)(左右セット)
 素  材 ポリエステル・ポリウレタン・ナイロン
 特許番号 4997612号
 製  造 日本製(手洗い可)
 発  送 郵パック・ヤマト宅急便・メール便

手・手首の腱鞘炎に「バイオメカサポーター手関節」



 

バイオメカサポーター(肘関節用)
腕のねじれを補正して痛みを解消
肩こりや猫背も解消できます
まったく新しいタイプの肘サポーター
腕の使い方が正され、肩、肘、手首の様々な症状に効果があります。
肘の動きを妨げませんので、日常生活はもちろんスポーツ時も使用可能です。(手洗い可)
 価  格 5,600円(税抜)(左右一組)
 サ イ ズ M・L
 製  造 日本製
 発  送 ゆうパック・ヤマト宅急便

腕の痛みに「バイオメカサポーター肘関節」



 

40歳女性ルポライター 肘は痛くならないはずなのだけれど…。なぜか肘に激痛

大学を卒業後にルポライターを志し、今年で40歳になりましたが、私はいまだ芽の出ないアルバイトライターをしております。 夫がいるためになんとか食べてはいけていますが、だったらとっくにこの道を諦めているところですよね。

私のような売れないルポライターは一つあたりの記事の単価が安いんですよ。 ですから、独身の頃は食べていくことが出来ずに、アルバイトを兼業していました。 私の仕事の流れは、懇意にしていただいている出版社からの以来で海外国内を問わず取材に行き、現地の様子をルポタージュ記事にして上げるというパターンを踏んでいます。

これでも、若い頃は、自分なりの切り込み口で社会問題をとらえた記事を書き、出版社に持ち込むような意欲はあったんです。 ですが、大抵が受け入れられず、芽が出ないルポライターのまま40代を迎え、冒険心はいつの間にか萎んできてしまいましたね。

出版社の言うなりの記事を上げ、単価に見合った収入を得ているような無難なライターライフを歩んでいます。

仕事については悲喜こもごもですが、まあそれは置いておくとしましょうか。 この頃の私の悩みは、仕事のことではないですから。 私はただいま、肘の痛みに悶えておりまして、それが今最大の悩みになっています。

ルポライターという職業上、肘の痛みとは無縁に思えるのですが、現実には肘に痛みがあるので、無縁ではないんでしょうね。

それも、生半可ではない、激しい痛みなんですよ。 肘を動かそうとしたり曲げようとしたりすると、ビリビリと痛むため、とてもではないけれど、肘を屈伸しようとは思えない状況。 また握力も普段よりも大分弱くなった心証があります。

肘に激痛を覚え始めたのは、現地取材から帰ってからなので、取材で訪れた現地で何か肘に悪いことをしたのか、と記憶を遡ってみました。 現地で肉体労働に参加したので、ひょっとしたらそのとき何かあったのかもしれない、とはまでは思い至りましたが、具体的なことは何一つ思い浮かびませんでした。 そんなですから、非常に不可解で気持ちが悪いんです。

利き腕とは反対の肘なので、なんとかキーボードを叩くことは出来ていますが、動かさないように、と気をつかわなければいけないため、不便でたまりません。 一方で、幸か不幸か、普段から家事は夫任せなので、主婦業に関しては一切困っていませんけれどね。

早めに医者に行きなさいと、編集部の担当者には言われましたが、安静のために締め切りを少し延ばしてくれという訴えは却下されるのですから、困ったものです。 ともあれ、今回の記事のアウトラインを切れたら、一度整形外科に行ってみようと思っています。 健康でなければ、現地取材はやってられませんからね。
手首の炎症改善